ホーム

下記の情報は リハビリ最新情と言うより最近情報かもしれませんね。

ロボットリハビリ”最前線!

2016..1116。記
 
「脳卒中やけがの後遺症で手や足が不自由になった人たちのリハビリにロボットを活用する医療機関が増えています。
機能回復効果が高く、患者のやる気を引き出す効果も期待される“ロボットリハビリ”。最前線を取材してきました」。

NHkおはよう日本 けんコムで2016.11.15に放送された。
 

最新ロボットHAL

 最新ロボットHALは  2014.11記             

●作業支援用
●医療
●福祉
にこれから大いに活躍しそうです。

特に脳卒中で歩けなくなった人には朗報です。軽そうですし。
>HAL®下肢用(MEDICAL)は、脚の動かし方を脳に教えることができる唯一のロボット治療機器です。
どこででもHALを使って治療できる環境になればと願います。

現在

HAL は、

●訪問看護事業を行う大分、鈴鹿、湘南と、
●腰補助用のHAL®事業を進めている新潟を合わせて、全国で4ヵ所あるそうです。

HALのHP
http://www.cyberdyne.jp/products/HAL/


HALは日本国内において未承認医療機器だそうです。

写真はネットでおかりしました。。
 

リハビリ特化型短時間デイサービス   

  リハビリ特化型    2014.11記

リハビリテーションに力をいれたたデイサービスを提供している。
運動器機能向上のサポートを提供する。
『自分でトイレに行く』『歩ける距離をのばす』など日常生活に即したリハビリを重点的に行う。
※食事、入浴の時間はない。

短時間デイサービス

午前)の部 ・午後の部
『午前中はリハビリ、午後は自宅で家族と過ごしたい』
『午後の落ち着いた時間にのんびりリハビリがしたい』
『自分の趣味の時間を大切にしたい』というような利用ができる。

(注)
私が倒れた頃はなかったサービスかも?若くして体の不自由になった人には良いリハの時間でしょう。


この情報は私の掲示板にお知らせ頂いた皆さまからの情報です。

 慶応義塾大学 医療健康情報サイト

 脳卒中のリハビリテーション   2014.11記

理学療法

作業療法

神経ブロック療法

装具

日本リハビリテーション協会
 こちら

このページのTOP

TOP